板橋区の行政書士ならジングル総合行政書士事務所へ
HOME>取扱業務

交通事故相談

交通事故相談

事故の相手が任意保険に加入していなかった。どうしたら…。
保険会社から治療費や休業損害の支払の打ち切りや言われた…。
過去に事故に遭われた方は、そんなお悩みを持たれたことありませんか?

また、つい最近事故に遭ってしまって、その後どうしたらいいかわからない。
保険会社とのやりとりだけではどうしても不安で…。
そんなときはご相談ください。
じっくり、親身になってお悩みを解決させていただきます。

強制保険と任意保険
渋滞する道路

自動車保険には「強制保険」と呼ばれる「自動車損害賠償責任保険」と「任意保険」があります。強制保険は通常、すべての車に加入義務があります。しかし任意保険は任意であるため、時には加入していない人もいます。
怖いのは強制保険にさえ加入していない人も稀にいることです。
さらに、自賠責保険は「対人」のみの補償であるため、「対物」については任意保険でしか補償することができません。
自分を守ることはもちろんですが、こと他人の生命や財産については、万が一に備えて、
絶対に任意保険には加入しておくことが自動車社会のモラルです。

自賠責保険で補償できる金額
死亡による損害 3,000万円まで
死亡に至るまでの傷害による損害 120万円まで
傷害による損害 120万円まで
後遺傷害による傷害 傷害の程度に応じて 75万円~3,000万円まで

人身賠償については「強制保険」で一定の補償を受けることが可能ですが、このように限度があります。万が一、加害者が強制保険にも加入してない場合は「政府保障事業」という国の機関から強制保険に近い補償を受けることができます。

事故解決のために作成する書類
  1. 自賠責保険金請求書
  2. 任意保険金請求書
  3. 異議申立書(自賠責後遺障害等級認定に対して)
  4. 示談書
  5. 交通事故原因調査報告書
  6. 政府保障事業の填補請求書類(ひき逃げ等で自賠責保険の支払を受けれない人が対象)
    問い合わせ