板橋区の行政書士ならジングル総合行政書士事務所へ
HOME>取扱業務

会計記帳・給与計算

行政書士の会計記帳代行
会計記帳

行政書士は経営管理者の意思決定
組織内部の業績測定、業績評価
に役立てることを目的としている経営会計の専門家です。
行政書士法第1条の2に規定されている「事実証明に関する書類」として、損益計算書・貸借対照表など各種経理関係書類の作成を行います。

公認会計士 ⇒ 財務会計の専門家
税理士    ⇒ 法人税や所得税などの税額を計算する税務会計の専門家

以下のようなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 毎日の領収書整理・記帳作業がわずらわしい
  • 本業が忙しくて経理処理にまで手がまわらない
  • 経理職員を雇いたいのだが資金に余裕がない
  • 毎月の損益が把握できていない
  • 青色申告特別控除の適用を受けたい
必要書類の例
  • 現金出納帳のコピー
  • 受取書・領収書
  • 当座預金照合表
  • 買掛金管理票・支払予定表
  • 請求書(受け取ったもの)
  • 普通預金通帳のコピー
  • 売掛金管理票
  • 給与明細書
  • 請求書(発送したもの)

など

記帳代行の流れ

当事務所では、会計記帳代行のやり方について、ご依頼主様のご意向に合わせて

  • 実際にご訪問して御社の事業所内で記帳代行を行う方法
  • 訪問はせずに、資料をお預かりして代行させていただく方法
の二通りの対応をさせていただいております。

 

会計資料の収集

訪問をご希望される場合は、御社で直接必要な資料等を収集させていただきます。
訪問を希望されない場合は、Eメール、もしくは郵送で会計資料をお送りいただきます。

試算表の作成

  1. データの入力(現場もしくは電話対応)
  2. 月次処理。一回目の試算表の作成。
  3. 数値をひとずつ確認させていただき、不自然な数値をなど整理していきます。
  4. 再度、担当者様に質問をさせていただきます。
  5. 試算表を完成させます。

完成書類の引き渡し

月次試算表に基づき、経営分析を行います。
直接のご訪問により、分析結果のご報告と完成書類の引き渡しをさせていただきます。
※インターネットや郵送による対応も可能です。

決算手続き

  1. 決算整理をします。
  2. お客様と決算に向けたお打ち合わせをさせていただきます。
  3. 具体的に書類を作成して参ります。
  4. 税理士へ引き継ぎをさせていただきます。

費用

報酬額月額17,600円~
※仕訳数や業務の複雑さ、受任のパターンにより変動します。
初めの2か月で正式な見積もりをお出しします。

HPからのご依頼に限り、2か月間無料キャンペーン実施中です。
給与計算
電卓を打つ人の手

給与計算は、種々の労働法令等に深く関わっており、労働基準法、労働・社会保険法源泉所得税、市県民税などの広範囲な労働法や税法の知識が必要となります。
最近では、労使間で賃金計算に関するトラブルが頻発しております。
企業側の些細なミスを法律違反として訴えられ、労働基準監督署から企業訪問調査となることもめずらしくありません。

業務の効率化・コスト削減

経営者の方や担当者の方が多くの時間を割いて給与計算業務を行っていると思います。
間違いの許されない計算業務ですので、大きな業務負担となっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?当事務所では、会計記帳だけでなく、正確で迅速な月次給与・賞与の計算を代行し、会社様の業務効率化、コスト削減のお手伝いをさせていただきます。 
会計記帳代行にあわせて、給与計算に関することもワンストップで提供させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

費用

報酬額(月額)13,200円~

例:リサイクルショップ経営会社の場合
  シフト制アルバイト52人分
  給与計算業務月額30,800円(税込)

※人数や業務の複雑さ、受任のパターンにより変動いたします。
ご相談させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ